忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^-^)/

ラジオ企画の台本がなかなか書けない李です。いやぁ、「とりあえず書こう」と書くのですが映画の脚本ではないので、台詞部分しか書けないので不安で止まってしまうのですよ。映画は役者さんに「こうして」と書ける。小説は全部思った通りに書けます。でもラジオはMC次第なので書けないのですよ。しかも自分で言う訳ですからね。いやはや、いつ書き上げる事が出来るだろうか(´Д`)

さてさて。今日はかなり久しぶりの映画紹介です。タイトルにもある通り、時代劇です。その名も、

『十三人の刺客』

監督は『クローズZERO』三池崇志先生。主演は役所広司さんなど。原作は池宮彰一郎さんの同名の小説です。
ストーリーは江戸時代末期。明石藩江戸家老・間宮が自害した。彼の死は松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君を訴えるものだった。しかし斉韶は将軍家慶の弟で、老中の就任が決まっていた。そこで、土井(平幹二郎)は島田新左衛門(役所広司)に暗殺の命を下す。島田新左衛門は13人の刺客を集めた。

正直、最初は三池崇志先生の作品あまり好きじゃなかったんですよね。なんかハイテンション過ぎてついて行けなかったと言うか。でも『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』を見てから一気に好きになりましたね。日本のアクションはこの方がいれば安心ですよ。
ところで、気づいた方もいるかもしれませんが。僕の予想では先生は黒澤明大先生のファンだと思うのですよ。さきほど出した『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』なんて明らかに『用心棒』真似てますし。そして今回の『十三人の刺客』、これは日本の大傑作である『七人の侍』を意識してると思うのですよ。予告を見る限り、ちゃんとそれぞれの役目をやってますし。志村喬さんを役所広司さんで。予想では、三船敏郎さんを伊勢谷友介さん……かな(´Д`)
とにかく、僕はそう推測しますね。まあ、原作があるので意識してる訳ではないと思いますが。にしても稲垣吾郎が悪をやるなんて『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』以来かな。あの時の演技はよかったなぁ。あのイカレっぷりが最高だった。

早く見たいぜ(>_<)

『十三人の刺客』、本日から公開!!
PR
どうも、皆さん(^-^)/

本日2回目の更新です。とは言っても、映画の話なんですがね(^-^;

さてさて。今日はデンゼル・ワシントン主演最新作、

『ザ・ウォーカー』

を観てきました。
原題は『THE BOOK of ELI』です。

監督はアレン・ヒューズアルバート・ヒューズ兄弟。脇を固めるのは『レオン【LEON】』『ダークナイト【THE DARK NIGHT】』ゲイリー・オールドマン『マックス・ペイン【MAX PAYNE】』ミラ・クニス。そして製作にはジョエル・シルヴァー

ストーリーは世界が滅んだ地球。そこをひたすら西へと向かうウォーカー(デンゼル・ワシントン)。彼は大事に持っている本を毎日読みながら着々と西へ進んでいた。そんなある日、ある街に着いたウォーカーは水を調達しに酒場に行くがチンピラに絡まれるが返り討ちにする。そこを街の支配者、カーネギー(ゲイリー・オールドマン)がウォーカーを気に入り、彼を街に留まらせるようにする。するとカーネギーがずっと欲しがって本が彼が持っている事を知り……。

世界観はメル・ギブソン主演の『マッドマックス【MAD MAX】』に似ていますが、実は違うのですよ。というか、今までにありそうでなかった世界観ですね。そしてなんと言っても、主人公のウォーカーがめっちゃカッコイイ! 鉈のような剣で瞬殺するは、銃と弓は百発百中だし。とにかくめっちゃ強いです。しかもアクションのほとんどが本人であるデンゼル・ワシントンがやっているのが凄い! 今年で56とは思えない程のキレのいい動きをしています。
ただねぇ、予告を見て「アクション映画か」と思っている人にはちょっと不満な作品ですかね。この作品、一応アクションシーンが多いですが、どちらかと言うとドラマ重視の映画なんです。それでも脚本が良いので、飽きずに最後まで見れましたがね。まあ、個人的な感想ですから(^^)

なんだかグダグダになってしまいましたが、とても面白かったです。皆さんも興味があれば是非映画館に足を運んでみては如何でしょうか?
どうも、皆さん(^-^)/

今日は映画の感想を書くのを忘れてたから書いただけなんですけどね。ですから、興味のある方だけ見て下さい。ない方は“戻る”をクリックされた方がいいかもしれないです(^-^;

さてさて、本題に行きますか。
まずは今月の2日に見た

『パリより愛をこめて』

原題はそのまんまの『FROM PARIS WITH LOVE』。正直、僕はこのタイトルを見た時に「またお涙ちょうだい映画か」と思っていたら、作品の内容を見てびっくりしました。だって恋愛映画かと思ったらバリバリのアクション映画だったんですよ! しかも監督は『96時間【TAKEN】』ピエール・モレル監督という!
ストーリーは、パリのアメリカ大使館で働くジェームズ・リース(ジョナサン・リース=マイヤーズ)。しかしそれは表の顔。裏はCIAのエージェントなのだ。彼は地味な仕事をこつこつとこなしていると、凄腕の捜査官チャーリー・ワックス(ジョン・トラヴォルタ)の相棒になる仕事が回ってきた。高鳴る気持ちを抑えながら、彼を迎えに行くとチンピラのような恰好をしたワックスが警備員と揉めていた。不安を抱えながらも、彼と仕事をするとある強大な組織に立ち向かう事に。

アドレナリン全開のアクションに、ただ見入るだけでした。まあ、要するに面白かったという事です。
今回もリュック・ベッソンとタッグを組んだパリを舞台にしたアクション映画です。しかし前回の『96時間』と違うのは、アクションですね。前回は的確に急所を狙って攻撃していてスティーヴン・セガールの映画のような感じでしたが、今回はジョン・ウー映画のような感じでしたね。ワックスのやる事が派手なんですよね。滑りながら愛銃のシグをバンバン撃ったり、2挺拳銃で(スローモーションで)撃ったりと本当に派手です。でも頭の中を空っぽにしたら楽しめる映画ですね。

「映画はストーリーじゃあ!」

という方はダメかもしれないですね(^^)

さて、次は。昨日見てきた

『アイアンマン2』

原題は『IRON MAN 2』
宣伝文句の1つに「1より面白い!」とあったので、わざわざゲオで借りてから見ましたf^_^;
まあ、これも面白かったです。宣伝通りといった感じですね。僕がこの作品を見て1番よかったと思ったのが、『ダークナイト【THE DARK NIGHT】』同様ヒーローの苦悩や葛藤が描かれていた事ですね。現実味があって、ヒーローも元は普通の人ですからそういう描写は個人的には高く評価したいですね。
ストーリーは、自分がアイアンマンと公表したトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。その半年後、アイアンマンのパワードスーツを求めてアメリカ政府と対立していたトニー。しかしそんな彼はアーク・リアクターの副作用で毒素が体を蝕んでいた。そして、そんな彼の前にハワード・スタークに恨みを持つ、イアン・ヴィコロ(ミッキー・ローク)がアーク・リアクターを使った武器を持って現れたのだ。
スタッフキャスト共にほとんどが引き続き参加しています。監督もジョン・ファヴローが担当してます。しかし、そんな中でローズ中佐役だけ変わりました。テレンス・ハワードからドン・チードルになりました。それがちょっと残念でした。出来れば『リーサル・ウェポン【LETHAL WEAPON】』のようにずっとキャストが変わらなければよかったのですが。まあ、あれは凄すぎなだけですがね(-.-;)

では、また明日!
またまた、どうも!(^-^)/

さてさて。僕の中のアカデミー賞候補の作品がようやく公開しましたよ(´Д`)

1つは、影の名作とも言えるバイオレンスアクション映画、『処刑人』。それが10年の歳月を経て再び登場した

『処刑人Ⅱ』

原題は『The Boondock SaintsⅡ All Saints Day』と言います。
ストーリーはイタリアマフィアのボス、ジョー・ヤカベッタを裁判所で処刑したマクマナス兄弟(ショーン・パトリック・フラナリーノーマン・リーダス)とイル・ドゥーチェ(ビリー・コノリー)はボストンを離れ、アイルランドで暮らしていた。あれから8年が経ち、ボストンの町で神父が殺された。しかも手口はマクマナス兄弟と同じ手口だった。その知らせを聞いた2人は、罠と分かりながらも再びボストンに舞い戻るが……。

前作同様、めっちゃ面白かったです。もうこれは言葉で言うより、直接見た方がいいです! あっ、その場合は前作をちゃんと見た上で見て下さいね。


そしてもう1つは僕の中のアカデミー賞の大本命である。ジョニー・トー監督の最新作!

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

タイトルがめっちゃカッコイイけど、原題は『復仇』とたった2文字なんですよね(^-^;

ストーリーはフランシス・コステロ(ジョニー・アリディ)は、娘のアイリーン(シルヴィー・テステュー)が入院した事を知り、マカオの病院を訪れた。彼女は何者かに撃たれ、夫と2人の子供を失ったのだ。そんな娘から犯人を探してくれと頼まれたフランシスは娘の頼みを受け入れ、復讐を誓う。しかし未知の土地であるマカオでどうすべきかと悩んでいた時に、3人(アンソニー・ウォンラム・シュラム・カートン)の殺し屋と出会うのだった。

これを見ずになにを見る?

そんな感じの映画です。
本当にカッコよくて五感を刺激するような映画で、良い映画でした。香港映画だからと言って侮るなかれ! そんな人たちに是非とも見てほしい! もちろん、普通に映画好きの人にも見てほしい。

このジョニー・トー監督が描く男の世界に酔いしれて下さい(>_<)

感想らしい事全然書いていませんが、2作とも本当に良い映画なんです。訳の分からない日本の恋愛映画を見るより数倍は見る価値あります
どうも、皆さん(^-^)/

最近はYouTubeで『シティーハンター』『BLACK LAGOON』を見ています。いやはや。たまに「こんな生活でいいのかな?」って気になりますよ(^-^;

ただ、フィクションの世界のように突然美少女が目の前に現れたり、銃で狙われたりする事はないんでね。少しずつ変えていくしかないですよ。

さてさて。今日は映画を観てきました。『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』の主演マット・デイモン、監督ポール・グリーングラスコンビの最新作!

『グリーン・ゾーン【GREEN ZONE】』

ストーリー
大量破壊兵器を捜索する任務をロイ・ミラー(マット・デイモン)。しかし空振りに終わる日々に違和感を感じていた。するとある日、フレディという名の男から会合があるという情報を得て突入すると、そこには……。

感想は……

面白かったですよ

なんかブッシュ政権時代のアメリカやイラク戦争を皮肉った感じがよかったですね。演出もよかったかな。撮影監督が『ハート・ロッカー』と同じバリー・アクロイドだったので、臨場感たっぷり! そして『ボーンシリーズ』で鍛えた息が詰まるようなアクションもよかったです。ただ『ボーンシリーズ』のようなアクション満載な感じではなく、『ハート・ロッカー』と同じような感じかな。

同じイラク戦争を題材にしているからかな?

まあ、とりあえず。僕は好きな映画でした(^^)
どうも、皆さん(^-^)/

今日からまた毎日更新を目標にして頑張りたいと思ってますので、朝から書いてます(^^)
まあ、このあとバイトがあるから早く起きただけの話なのですがね。

さてさて。本日から公開される映画、

『スナイパー:(神鎗手)』

主演は『ブレイキング・ニュース(大事件)』『エグザイル/絆(放・逐)』と連続でジョニー・トー監督の作品に出ているリッチー・レン『女帝[エンペラー](夜宴)』などに出ているホアン・シャオミン。そして、プライベート写真が流出して香港映画を引退した『インファナル・アフェア(無間道)』『頭文字D THE MOVIE』などに出ていた演技派俳優のエディソン・チャン。監督は『ツインズ・エフェクト(千機 )』や未だ日本未公開が続く『証人(THE BEAST STALKE
R)』
ダンテ・ラム
本作はエディソン・チャンの香港映画最後の作品という事でかなり話題に。そういう意味ではもはや伝説ですよね。

ストーリーは香港の特殊部隊であるSDU(飛虎隊)に入隊したOJ(エディソン・チャン)。フォン(リッチー・レン)隊長に狙撃手として訓練されるOJは射撃大会で500メートルの的を撃ち抜いて優勝したリン・ジン(ホアン・シャオミン)の事を知る。しかし彼は4年前の銀行強盗事件で人質を誤射してしまい、刑務所に入っていた。そんな彼が出所し、警察に挑戦状を叩きつけるのであった。

という狙撃手のお話です。狙撃戦のシーンがたくさんあるという事で個人的にはかなり楽しみな作品なんですよ。狙撃戦って、普通の銃でバンバンやる訳ではなくかなり地味ですがそこが

良いんだよ(´Д`)

個人的にはジュード・ロウ主演の『スターリングラード』がたまらなく好きですね。

まあ、そんな訳で気になる方は劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか? 僕も出来れば観に行きたい(>_<)
どうも、皆さん(^-^)/

『べた恋』も1段落がつき、かなりグータラしてます(^-^;
まあ、グータラしてると言ってもちゃんと仕事はしてますよ? それに次は『5分大祭』がありますから、プロットを作ろうとも思ってます。

さてさて。今日から公開されたSF映画、『第9地区【DISTRICT 9】』。実はこの作品、本年度のアカデミー賞で作品賞脚色賞視覚効果賞編集賞の4部門にノミネートされていたのですよ。SF映画がアカデミー賞にノミネートされるのは珍しい方みたいですよ。しかもこの監督のニール・ブロムカンプは本作がデビューという。そして、この企画を起こしたピーター・ジャクソンが製作を務めています。あっ、彼は『ロード・オブ・ザ・リング』『キング・コング』などの監督の人です。さらに出演ている役者はほとんどが本作がデビューの方ばかりという。

ストーリーは南アフリカのヨハネスブルグの上空に突如現れた巨大宇宙船。しかしその宇宙船は故障し、そのまま留まってしまう事に。それから28年が経ち、エイリアンは隔離地区“第9地区”で生活をしていた。しかしエイリアンと人間との争いが絶え間なく、それをMNUという超国家組織が管理と監視を行っている。そんなある日、MNUの役人であるヴィカム(シャルト・コプリー)が“第9地区”に行ってエイリアンの自宅を訪れるが、そこで謎の液体がかかり……。

いやはや。ゲーム『HALO』の映画化プロジェクトからこんな映画を作るとは。まあ、それはいいとして。気になるので早く観たいです。皆さんも気になる方は是非映画館へ! 観たらまた感想書きますので。
どうも、皆さん(^-^)/

雲隠れしていた期間に『ハート・ロッカー』に続いて、『シャーロックホームズ』も観てきました(^^)
早速感想なのですが、個人的には面白かったです。ただね、僕は原作の『シャーロックホームズ』を読んだ事がないのですよ。ですから、どこまで忠実にしているか分かりません。でも原作の小説を読んでいなくても十分楽しめる作品でした。アクションは豊富ですし、ユーモアがあるセリフ回しですし、コミカルな演出が多いですし。特にホームズとワトソンの絡みは本当に面白いです。
ただ、これはアクション映画として観た方がいいかもしれませんね。それは謎解きがかなり呆気ないからです。ホームズが天才過ぎて一瞬で解くんですよね。もうね、「こんな奴いたら未解決で終わる事件ないよ」と思うほど。だからミステリー映画ではないのですよ。もちろん、ちゃんとミステリーの部分もありますよ? けしてない訳ではありません。

それにしても監督のガイ・リッチーの撮り方がデビュー作の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の頃と全然違うんですよね。面影が少しはあるのですが。やはりマドンナと結婚したせいだろうか(^-^;
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]