忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^-^)/

ラジオ企画の台本がなかなか書けない李です。いやぁ、「とりあえず書こう」と書くのですが映画の脚本ではないので、台詞部分しか書けないので不安で止まってしまうのですよ。映画は役者さんに「こうして」と書ける。小説は全部思った通りに書けます。でもラジオはMC次第なので書けないのですよ。しかも自分で言う訳ですからね。いやはや、いつ書き上げる事が出来るだろうか(´Д`)

さてさて。今日はかなり久しぶりの映画紹介です。タイトルにもある通り、時代劇です。その名も、

『十三人の刺客』

監督は『クローズZERO』三池崇志先生。主演は役所広司さんなど。原作は池宮彰一郎さんの同名の小説です。
ストーリーは江戸時代末期。明石藩江戸家老・間宮が自害した。彼の死は松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君を訴えるものだった。しかし斉韶は将軍家慶の弟で、老中の就任が決まっていた。そこで、土井(平幹二郎)は島田新左衛門(役所広司)に暗殺の命を下す。島田新左衛門は13人の刺客を集めた。

正直、最初は三池崇志先生の作品あまり好きじゃなかったんですよね。なんかハイテンション過ぎてついて行けなかったと言うか。でも『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』を見てから一気に好きになりましたね。日本のアクションはこの方がいれば安心ですよ。
ところで、気づいた方もいるかもしれませんが。僕の予想では先生は黒澤明大先生のファンだと思うのですよ。さきほど出した『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』なんて明らかに『用心棒』真似てますし。そして今回の『十三人の刺客』、これは日本の大傑作である『七人の侍』を意識してると思うのですよ。予告を見る限り、ちゃんとそれぞれの役目をやってますし。志村喬さんを役所広司さんで。予想では、三船敏郎さんを伊勢谷友介さん……かな(´Д`)
とにかく、僕はそう推測しますね。まあ、原作があるので意識してる訳ではないと思いますが。にしても稲垣吾郎が悪をやるなんて『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』以来かな。あの時の演技はよかったなぁ。あのイカレっぷりが最高だった。

早く見たいぜ(>_<)

『十三人の刺客』、本日から公開!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]