忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒヤッホーイ!
昨日『ターミネーター4』を見てきました! いや~、想像以上に面白かった。ほんと、前作の『ターミネーター3』が米粒くらいに思えますよ。それにしてもなんで『3』だけ面白くないのだろうか。

今回はジェームズ・キャメロンが監督した『ターミネーター』『ターミネーター2』の2作と並ぶほどかなり細かいところまで手を入れられている作品です。特にラストのオチは予想外です。アクションもかなり派手で、見応え十分!
キャストもよかった。ジョン・コナー役が現バットマンクリスチャン・ベール。ひ弱いそうだった少年時代とは違い、戦士としてかなり強くなった感じが凄く出てきている。そして、本作で重要な役の1人、マーカス・ライト役のサム・ワーシントンもタフで強い演技が上手くて、見入ってしまう。もう1人は1作目でサラ・コナーを守った若きカイル・リース役のアントン・イェルチンも熱演している。特にショットガンの扱いはおてのもの。顔もどことなく1作目のカイル・リース役のマイケル・ビーンに似ている感じがある。

本当に言い足りないくらい面白い作品です。『ターミネーター』シリーズが好きな方は是非見に行って下さい!
PR
さきほど少し遠出をしてジャッキー・チェン(成龍)の最新作、『新宿インシデント(新宿事件)』を見に行きました。え? 歯? もちろん痛いです(^-^;
痛くてイライラしながら見に行きました(一応痛み止めの薬を飲んで行ったんですけど、途中で効果が切れたみたいで)。
さて感想は思っていた以上に……

面白かったo(≧∀≦)o

いつもの笑えるアクション映画ではなく、バイオレンス暗い映画でしたけどね。これを見た人の中には「ジャッキー映画じゃない」とか「主役はジャッキーじゃなくていいだろ」って人もいると思います。でも僕は「あの主役はジャッキーでよかった」と思う。悪(ワル)でも心優しい。そんなジャッキーも僕はいいと思うんです。

ただ確実に言える事は、女性向きではないという事ですかね。もし行く方がいるのなから覚悟して見に行くといいでしょう。
本日、また武侠映画にとんでもない映画が公開します。その名も……

『ウォーロード/男たちの誓い(投名状)』

ストーリーは19世紀の清朝末期。そんな時代に味方の兵士を全滅させられたパン・チンユン(ジェット・リー)は無気力でさ迷っていたがリィエン(シュー・ジンレイ)と出会い、なんとか助かる。その後、盗賊団のチャン・ウーヤン(金城武)と出会う。そして義兄のツァオ・アルフ(アンディ・ラウ)を紹介される。数日後、ホー・クイ軍に村を襲撃され三人は兄弟の契りをかわすが……。

この作品は『ブラッド・ブラザーズ』という昔の映画のリメイク作品で、どういった作品になるか楽しみですね。予告を見る限りアクションもそこそこあるが、かなり泥臭い映画になっているようなので女性向きかどうかは分からないですね。とりあえず楽しみな映画です(^-^;

それと映画紹介のコーナーが新しくなりました。出来れば一日一本紹介したいと思っています。
ついに。ついにこの日が来ました! 我らのアクションスター、ジャッキー・チェン(成龍)の最新作がついに公開です!

やったー\(≧∀≦)/

だが今回のジャッキーは一味違うのです。お馴染みのコミカルアクションを封印し、シリアスな演技で挑むのです。そんな最新作のタイトルは『新宿インシデント(新宿事件)』
ストーリーは中国で真面目に働いていた鉄頭(ジャッキー・チェン)は日本に留学すると言った恋人の秀秀(ファン・ビンビン)の消息が途絶えた事を心配になり、仲間の阿傑(ダニエル・ウー)と共に密入国をする。なんとか日本に着いた二人は密入国した仲間と一緒に日雇いを仕事をしていると偶然ヤクザの妻になった恋人の秀秀を見つける。
……なんとも凄まじいストーリーですよね。

キャストの方は上の方以外にラム・シュー竹中直人加藤雅也などが脇を固めている。そして、監督は『ワンナイト・イン・モンコック(旺角黒夜)』などを手掛けたイー・トンシン

因みに中国で上映中止になったこの作品は日本ではR‐15指定で上映される事になりましたが、ジャッキー映画ではのR指定。そんな問題作が今日公開! う~、見たくてうずうずしますね! え? 僕だけですか?
近頃の映画とドラマによくある小説原作の作品。しかも幅は小説だけではなく、漫画、アニメとゲームの方まで手を伸ばしてる。僕は日本映画にほとんど期待はしてませんが、ついに映画の里、ハリウッドもネタ切れの嵐が上陸したようです。

僕の知る限りだと、『カウボーイビバップ』『フルメタル・パニック』のアニメがハリウッドで映像化されるそうです。『カウボーイビバップ』の方では主人公、スパイクの役がキアヌ・リーブスに決まったとか。そのうち、『メタルギアソリッド』『攻殻機動隊』などの作品にまで手を伸ばしそうで怖い。そういえば一時期、『鉄腕アトム』が映像化されそうだったらしい。危ない、危ない。

別にするなとは言わないです。ただ最近はありすぎると思うんですよ。だから僕、個人としては多少真似てもいいからオリジナルの脚本をもっと書くべきだと思う。そしてそれを映画化した方がいいと思う。

これからはプロとアマも関係なく頑張らないといけませんよ!
ようやく観ました! 何を観たかと言うと、香港映画の『エグザイル/絆(放・逐)』ですよ! いや~、遠出して映画館で観たかいがありましたよ。最後まで飽きずに楽しく観れました。ホント、今まで映画ファンで良かった(>_<)

ストーリーはボスを暗殺しようとした男を殺そうとする2人と守ろうとする2人が家に訪れる。だが男の妻は「いない」と言う。そこに男が帰ってくる。そして、家の中で銃撃戦が始まってしまう。すると奥から赤ちゃんの泣く声が聞こえ、一斉に銃声が止む。そして男は「妻子に金を残したい」と言い、親友である4人は殺しの依頼を受けるが……。
という男の友情を描いた作品です。で、驚く事にこの映画……脚本がないんです! 全てアドリブでやっているのが凄い! 観てて本当にアドリブかよって場面もあってかなり良い出来になってます。まぁ、アドリブだから役者の銃がちょくちょく変わったりするんですけどね。

まぁ、そんな訳でかなりオススメです。5月にDVDが発売するみたいなので、皆さんも一度観てみては?
あっ、熱い男映画ですが意外にも映画館には女性の方もいたので女性の方にもオススメですよ(^^)
以前、香港映画の未公開作品たちを紹介した時に番外で紹介した作品を覚えているでしょうか? たぶん覚えている人いないと思いますが(^-^;

タイのアクション映画、『Chocolate(原題)』改め『チョコレート・ファイター』というタイトルで日本公開が決定しました!

わーい!o(≧∀≦)o

ストーリーは主人公(女の人です)は子供の頃から映画(予告でブルース・リーの声が聞こえてきます)や道場の中を見ながら独自に格闘技(ムエタイ?)を習得し、親を守ろうとします。しかし、事態は思わぬ方向に……。みたいな感じです。因みに子供の頃に見てた映画がブルース・リー映画かと思ったら、普通に『トム・ヤム・クン』だったという矛盾。気になる方は公式サイトの予告をどうぞ。
待ちに待ったジャッキー・チェンの最新作、「新宿インシデント(新宿事件)」の公開が決定しました!
ジャッキーがアクションを封じて挑む、初のノワール映画です。公開前から色々とあった本作。まず、裏社会が題材で中国から密入国するシーンがあるらしく、中国では一部を除いて公開中止されています。またバイオレスなシーンや東京湾にジャッキーが浮く(?)などのシーンがある為、日本の公開が危ぶまれましたがR15指定をつけて公開決定。

ストーリーは中国で付き合っていた彼女が突然行方不明に。その彼女が日本にいる事を知って、弟分と一緒に密入国をする。そこで目にしたのは、ヤクザと結婚していた彼女が姿だった。やがて抗争の泥沼にはまっていってしまう事に。

「新ポリス・ストーリー(重安組)」以来のシリアスな役に挑むジャッキー。昔よりはるかに演技が上手くなってるジャッキーがどんな演技を見せてくれるか期待ですね。それを脇で援護するのはダニエル・ウー竹中直人などの中国と日本の俳優陣がいます。

公開は5月1日です。
確実にNGシーンの映像はないでしょう(^-^;

PS.
昨日チャット予定だったのに、やらずにすみません。忘れてました(>_<)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]