忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^ー^)/
お久しぶりですね。なんかTwitterに登録してからこっちの更新が遅くなってしまってますね。まあ、Twitterの方が手軽というのもありますよね。でもそうなると、Twitterに登録してない人が面倒だと思うので頑張って更新していきたいです。

さて、恒例の観た映画ですね(^-^)

 『悪魔を見た』

 『トゥルー・グリット』

以上の2作です。
本当はもっと観たい映画があるのですが、時間がないので泣く泣く逃している映画があります。『アンノウン』『生き残るための3つの取引』など。ホント、もっと映画が観たいです(>_<)
でも時間があってもお金には限りがありますからね。それにラジオ企画で揃える機材もありますし。くそ! もっと働かなくては!

因みに『悪魔を見た』はイ・ビョンホン主演の血生臭い復讐映画です。個人的には『復讐者に憐れみを』以来の衝撃ですね。とにかくエグい! グロいのではないです、エグいのです。何故かグロい=『SAW』みたいになってますが、あんなのとは比較になりません。多分僕が観てきた映画で一番血生臭い映画かもしれないてすね。『オールドボーイ』
が好きな人向けです。あっ、簡単なストーリーは、国家情報院の捜査官のイ・ビョンホンは婚約者が無惨なバラバラ死体となって発見され、犯人に同じ苦痛を与えると復讐を誓う。
『トゥルー・グリット』も考えれば復讐映画だ(^-^;
まあ、こっちは普通に見れます。同名の小説の映画化で、前にジョン・ウェイン主演で『勇気ある追跡』というタイトルで映画化されてるんですよね。僕はまだ観てないのですよ。なので比べる事は出来ませんが、面白かったです。西部劇独特の乾いた感じがコーエン兄弟の演出にぴったりで良かったです。役者もみんな演技が上手くて凄い。ジェフ・ブリッジスの役が本当に良い! ストーリーは父親を殺された娘が保安官とレンジャーの3人と共に犯人を追跡する旅に出る。

小説全然書いてないです。やっぱり間を開けるもんではないですね。ネタはどんどん浮かぶのですが、筆がねぇ。困ったもんです。書きたいのはたくさんあるのに(´・ω・`)
うーん、もう一作アクション小説書いてみるかな? 今度も銃バンバン撃つのにしようか。いや、格闘も面白いからなぁ。いっそ、チャンバラという手も。まあ、それはまた考えます(^^)

では、今日はこのへんで!
PR
どうも、皆さん(^-^)/
ご無沙汰してます。ちょっと色々ありまして、ブログをなかなか書く事が出来ませんでした。引越しをしたり、パソコンの回線を頼んだり、ケータイが壊れたり、大阪に行ったり。ホント、いろんな事が一気にあって大変でした。でも楽しかったからいいか。一部楽しくはなかったけどね(´Д`)

まあ、とりあえず見た映画の紹介を。

 『イップ・マン 序章』

 『エンジェル・ウォーズ』

 『孫文の義士団』

以上の3つを見ました。
『イップ・マン 序章』は反日と言われているが、これは日本人も見るべき映画だと思います。時代がそういう時代なので、反日と一くくりしてしまうのはおかしい。歴史の一つとしても、アクション映画としても凄くよく出来た映画です。文句なしにオススメの1作。
『エンジェル・ウォーズ』は微妙ですね。ザック・スナイダー監督が日本のアニメをオマージュしながら独特の世界観で繰り広げるアクション映画。もうね、『インセプション』クリストファー・ノーラン版『マトリックス』とするならば、本作はザック・スナイダー版『マトリックス』です。まあ、とにかく見た人にしか分からない映画ですよ(^-^;
『孫文の義士団』は香港映画のスターを集めた豪華キャスト映画。孫文の1時間の密会を死守するストーリーなのでどうなるか予想はしていたのですが、想像以上に面白くなかった。アクションは凄くよかったのですが、人間描写は少なくて感情移入が出来なかったですね。でもレオン・ライが好きなら見ても大丈夫じゃないですかね。めっちゃかっこよかったですし(^^)

さて次は小説なのですが、全く手をつけてないですね。最近どうもやる気が出なくて(-.-;)

春のせいかな? 春のせいなのか? 春のせいなんだな!? そうなんだな!!

そんな訳でまたペースが遅いですが、ちょっとずつ書いていきますね。コラボ小説も書きたいですし。

最近よく灯月公夜さんと藤夜要さんのお二人とスカイプしてます。あまり長い時間は話せないのですが、凄く楽しいです。藤夜要さんにいたってはお子さんが側にいる事が多いので、声が聞こえるんですよ。これが凄く面白くて、いつも一人で笑ってます。またやりたいなと思ってます! ……って、よく考えたら僕から誘う事が多いというか全部僕から誘ってるやΣ( ̄□ ̄;
なんか昔からそうなのですが、いつも僕が人を集める役なんですよね。めっちゃ電話した記憶がありますよ。う~ん。僕はそういう運命なのかな。まあ、楽しんでいいのですが(>_<)

と、たまには誘ってほしいと思う李仁古でした。
どうも、皆さん(^-^)/
お久しぶりですね。Twitterではよく出没するのですが。いや、何度も書いて投稿しようと思っていたのですが、どうでもいいネタ(いつもそうですが)ばかりだったのでなんか書いては消してばかりでした。とは言っても今日も面白くない記事ですがね(^-^;

さてさて。最近はちょっとずつ新作の小説を書いてました。『ふたりは見習い主人公』は読み返して、少しでも当時の勢いを蘇らせようとしてます。にしても久しぶりに読むと北加チヤのパートめっちゃ面白いなぁと思いました。いやぁ、僕はいい人に出会えたなと改めて思いましたね。

現在はですね、『HOPE of TOMORROW』が全然進まないので、『功夫』を執筆してます。久しぶりの連載なのでちょっと緊張してます(>_<)
頑張って楽しめる作品に仕上げる予定ですので、気長に待ってて下さい。いつになるか分からないですからね。予定としては少し書き貯めしてから連載をスタートさせようかなと思ってます。

そして、ですね。ついに勝手にコラボ企画の第2弾が完成しました! 今回はあいぽさんとコラボの恋愛作品です。知り合いだけにめっちゃ恥ずかしい作品になってしまいました(-.-;)
きっと彼女のファンは激怒すると思いますよ。こちらは今度改めて載せますのでお楽しみに(^^)

さて、次は誰とコラボしようかな(´Д`)
どうも、皆さん(^-^)/
3連休の最終日を如何お過しでしょうか? 僕は今日もバイトに行き、泣きながらチケットを売ってました。チケット売るの凄く嫌いなんですよ(ノ_・。)
まあ、それはいいとして。この前、映画を観に行きました。

 『SP 革命篇』

感想は微妙でした。深夜枠のドラマから見ていたのですが、謎が解けるのは凄く良かったです。しかも今回は岡田准一さんだけではなく、堤真一さんもリアルな格闘をやっていてハラハラドキドキでした。ただ、オチがどうも気に食わないのですよ。なんか意味ありげ過ぎて、逆にイライラしました。締めるならちゃんと締めてほしいです。まあ、それでもアクションも展開も良かったと思いますよ。特に新旧メンバーの乱闘シーンは迫力ありましたね。

いやはや。久しぶりに書いたアクション小説、『クレイジー・バスターズ』を投稿しましたが楽しんでもらえましたかね? なにやら読んで下さっている方はいるみたいなんで、凄くありがたいです。ただ感想がないので楽しんでもらえたか不安です。いっそ、他の方みたいに拍手機能を追加した方がいいのだろうか(´Д`)
まあ、元々ひっそりやっていたので当然ですがね。

 僕は人気作家じゃない!

 僕は人気作家じゃない!

大事な事なんで2回言いました。

「いいかー? ここテストに出るからなぁ? おい、リー。ちょっとノートとれ」

「あー、すみません。あいぽさんがあまりにも可愛くて」

「えー? なにそれー、キモー」

「あいぽさんは僕の嫁だ!」

「灯月光夜もちゃんととれよ」

「いいや! 僕のだ!」

「ちょっ! 上宮穂高も!」

「ちょっと、ちょっと。男子ども、うるさいわよ!」

「いやいや、藤夜要。ちょっと怖すぎ」

「いいんじゃない」

「連れないなぁ、光太朗」

「あいぽさんは……僕のだー(`□´)」

「ちょっ、落ち着けリー(°д°;)」

えっと、皆さんすみません。本当にすみません。眠いせいでしょうか? ちょっと暴走中です(-.-;)
巻き込んですみません。皆さんに読まれない事を心から祈ります(>_<)

そして今は灯月光夜さんが原案とシナリオを担当したボイスドラマ、『茜色の両翼』4回目を聴いております。なんか不思議と聴いてて心地いいのと、台詞が面白いです。ラジオを企画している僕にとってはとても良い刺激になりました。僕もやってみたいですね。ハードボイルドなボイスドラマとか(^^)

さてさて、今日はこのへんで。
 ドアの上についた鈴の音色がジャズが流れる店内に響き渡る。カウンターでグラスを磨くマスターが顔を上げると、黒いトレンチコートを着た男がずぶ濡れでいた。ドアが開いた隙間から雨音が聞こえる。
「いらっしゃい」
 マスターは淡々と言った。
 男はポケットに手を入れながら、カウンターの椅子に腰をおろした。
「いつもの」
 男はそう言ってトレンチコートを脱いで、隣の椅子にかけた。トレンチコートの下はよれよれになった白いシャツに紺色のネクタイだ。
 マスターが用意している間に、ポケットからセブンスターを取り出して一本抜く。ジッポで火をつけ、煙草の煙りを吐きながらジャズの音色を聴いた。店の中には他の客の姿はなく、一人で心地よく聴ける。
「はいよ」
 マスターが男の目の前にグラスが置く。男はもう一度大きく煙りを吸い込んで、ゆっくりと吐き出す。それからグラスに手をつけ、口元に持っていく。そのまま一口飲む。
「くー! 北海道限定キリンガラナ最高!」

…………はい、すみません(^-^;


改めてまして、どうも皆さん(^-^)/
花粉の時期になったので気をつけないとダメですね。それと風邪にも気をつけないとですね。また寒くなりましたし。体調管理をしっかりと。まあ、僕は今凄くお腹が痛いです(>_<)

さてさて。昨日のブログでスカイプの話をしたと思うのですが、またまたしました。前回に引き続き灯月公夜さんに加え、藤夜要さんも来て下さいました。2時間半もスカイプで話せて楽しかったです。灯月さんは昨日話した通り、友達の笑い声にそっくりだった訳です。あと、僕の想像とは違って声が低く、とてもカッコイイ声でした(^^)

さすが、僕より2つ違うだけあるな! いや、それは関係ないか(´Д`)

藤夜さんに関しては思わず笑ってしまいそうでした。あっ、けして悪い意味とかじゃないですよ。第一声を聞いた瞬間に、

「あっ、藤夜さんだ」

って思いましたね。そして、マシンガントークも健在で、安心して話せました。本人は凄くがっかりしてましたがf^_^;
まあ、僕の印象は分かりませんが少なくとも文字は性格が出るなと思いましたね。灯月さんは礼儀正しい方でしたし、藤夜さんは明るくて気さくな方でしたし。なので、昨日改めて文字って凄いなぁと思いました。

ではではm(_ _)m
どうも、皆さん(^-^)/
ちょっとお久しぶりですね。最近は忙しいという訳ではないですが、お金の事でテンションが凄く下がってます。先月の給料が予想以上に入っておらず、しかもバカな僕は追い打ちをかけるように余計な出費をしてしまってもう大変です。ホント、つくづく自分はバカでクズでくそっt(ry
まあ、いつものネガティブな僕に戻ってます(^-^;

さてさて、近況報告と行きますか。
ちょっとこっちで報告するのを忘れてしまったのですが、4日に久しぶりに例の場所でチャットをやりました。いやぁ、久しぶりにやったので楽しかったですね。しかも意外と多く来て下さったので凄く盛り上がりました。……多分。
参加者は、

 あいぽさん

 天崎剣さん

 上宮穂高さん

 灯月公夜さん

 藤夜要さん

 NAOさん

 ランデブーさん

7名でした。一部寝落ちや顔を見せて帰ってしまった方もいましたが。しかも今回、僕が尊敬してる作家さんの1人、NAOさんが参加して下さって凄くありがたいと思いました。勿論、いつも来て下さってる方も凄くありがたいです。またチャットをやりたいと思っていますので、その時は忘れずにこっちでも報告します。……ん? あっ、忘れてないや。ちゃんと報告してるじゃないか(-.-;)

新作の『クレイジー・バスターズ』書いてます。でもラストでつまづいて、書いては消してを繰り返してます。なかなかピンと来るものが来ません。久しぶりに書いたせいなのかなぁ。そんな訳で、ちょっと離れて『ZOMBIES』という別の作品を書き始めました。まあ、タイトル見たらどんな作品か分かりますよね?(^-^;
こっちも前々から書きたかったものだったので頑張って書いてます。どちらかが新作となるので温かい目で見て下さるとありがたいです(>_<)

スカイプを登録して初めて会話しました。お相手は灯月公夜さん。初めての会話だったのですが、すぐに笑い話で会話が弾んで楽しい一時でした(^^)
なんだか灯月さんと初めてチャットした時と似た感じですね。てか灯月さんの笑い声が僕の友達の笑い声に似てたので、「ちょっ! なにしてんの!」とか思いました。でもよく考えたらその友達、ネットを繋いでいないのでありえないと自己解決しました。いやぁ、こんな事もあるんですねぇ(´Д`)
でも本当にビックリしました。

積み本が沢山ありました。中には途中まで読んで放置プレイのも。僕も一応物書きですから、読んで良い部分を少しでも吸収したいと思ってます。で、買う訳なんですが全然読んでないというf^_^;
数えたらですね、なんと14冊あったんですよ。もう、ここまで来ると消化出来るのと疑問です。
 積み本一覧

 『暗殺者』
 ロバート・ラドラム

 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
 フィリップ・K・ディック

 『ヴァンガード』
 深見真

 『狼のゲーム』
 ブレント・ゲルフィ

 『狼の帝国』
 ジャン=クリストフ・グランジェ

 『おとしまえをつけろ』
 ジョゼ・ジョバンニ

 『カウント・ゼロ』
 ウィリアム・ギブソン

 『虐殺器官』
 伊藤計劃

 『黄昏の北京』
 クリストファー・ウエスト

 『葬列』
 小川勝己

 『ニューロマンサー』
 ウィリアム・ギブソン

 『ビッグ・ノーウェア』
 ジェイムズ・エルロイ

 『リオ 警視庁強行犯係・樋口顕』
 今野敏

 『猟犬』
 深見真

 『ロンドン爆破まで九日間』
 スティーブン・レザー

あら? 15冊だった。
まあ、とにかく消化しないとなぁ。全部読んだら凄く上手くなったりしないかなぁ。しないよねぇー。

ではでは、今日はこれにて。
どうも、皆さん(^-^)/
この歳にもなってエアガンが欲しくてたまらない李仁古です。エアガンを販売してる会社の公式サイトに行っては、よだれを垂らしながら見入ってます(^-^;
最近気になっているのは、ブラッド・ピッドモーガン・フリーマン主演の『セブン』でブラピが演じたデヴィッド・ミルズ刑事が愛用していたコルト・ガバメントのカスタムモデルをウェスタン・アームズというメーカーが忠実に再現したというエアガンが気になってます。これがめっちゃカッコイイ! 女性はあまり分からないかもしれないのですが、男にとって銃はロマンなんですよ。

まあ、それはさておき。
さてさて。まずは新作のアクション小説、『クレイジー・バスターズ』が思ったより進んでいません。あとは本当にラスト部分だけなんですが、書いては消しての繰り返しでございます。楽しみにしている方(いればいいな(^-^;)、もう少し待ってて下さい! 極上のエンターテイメントを完成させますので(>_<)

……多分ね

それからスカイプに登録しました。オフ会とまではいきませんが、これで相手の声が聞ける訳なんで楽しみです。既に2人の作家さんと話す事になってます。という訳で、僕の声を聞きたいと言う方は言って下さい。

それと久しぶりにチャットをやります! 場所はいつもの所です。一応3月4日の夜9時からやるつもりです。お時間がある方は是非来て下さい(^^)
最初の1時間ぐらいは一人漫才やってると思います。それか一人しりとり。

最後に観た映画を。

 『ヒア アフター』

 『ソーシャル・ネットワーク』

 『英国王のスピーチ』

以上の3本です。
どうも、皆さん(^-^)/
朝一のコーヒーをカッコイイと思う李仁古です。しかも砂糖もミルクも入れないブラック派なんて「すげぇ!」と思う。そんな僕はココアを飲んでちょっといい気分になります。なんてしょぼいんだ、僕は(-.-;)

さてさて。今日は世の中でいうバレンタインデイですね。僕は中ではそんなデイはないんですがね。

 イケメンがなんだぁ!

 チョコがなんだぁ!

 義理がなんだぁ!

 手作りがなんだぁ!

 バレンタインデイなんて……バレンタインデイなんて……

 爆発してまえ(`□´)

なんて言ったらあいぽさんやカトラスさんが怒るので、言わないですがね。そこっ! 遅いよなんて言わない!( `□)σ

まだ投稿してないから遅くない(`^´)

まあ、アホな事は置いといて。
藤夜要さんと文樹妃さんがバレンタインに合わせて短編を書くそうなので、僕も真似しようと思ったのが2日前なんですよね。当然間に合う訳もなく、結局何も用意してないです(^-^;

いやはや、きっと僕の周りにいる人はチョコもらったりしてるんでしょうね。僕なんて家族以外に貰ったと言ったら小学3年ぐらいの時に友達のお母さんからぐらいですね。性格も悪い、頭も悪い、

 そりゃ、無理だo(≧∀≦)o

なんて自虐的にもなりますよ。
今年もチョコ0個を目指して頑張りましょう! なんて言ったら哀れな目で見られるので、これ以上はね(´Д`)

でもね、でもね!
今日さ、なろう作家の人からメールが来て手書きだけどチョコの絵に僕の名前が入った写真をもらったんだ! 名前と写真はここでは伏せますが、本当にありがとう! 凄く嬉しいです! こんなバカな僕にわざわざそんな事して下さって、本当に感謝です(ノ_・。)
「そんなの」って思う方もいるかもしれませんが、貰った事がない僕にとっては最高級のキャビアとかフェラーリを貰った気分なんです。

という訳で今年はいつもと少し違うバレンタインデイとなりました(^^)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]