忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 どうも、皆さん。
 もう3月なのに寒いですね。とは言っても徐々に暖かくなってきたなと感じます。僕の勘違いかもしれませんがね。まあ、ともかく引き続き体調管理をしっかりと。まだまだ油断は出来ませんよ。

 さてさて、今回は僕が毎月更新している「Lee Radio」のお話です。Twitterでもちょくちょく呟いているのですがね。改めてブログにもと思いまして。現在ラジオで募集しているのは2つです。募集内容は以下の通りです。

 1.茶番
 これは前から募集していますね。ラジオを聴いている方は分かると思うのですが、僕のラジオは冒頭に茶番を持ってきています。勿論、僕が頑張って演じてます。その冒頭に入れる茶番を皆さんから募集しています。長さは最長で5分程で、ジャンルの縛りはありません。今までやったジャンルは時代劇現代劇(下ネタ)学園もの(BL)をやってきました。幅広くやっております。なので、恋愛SFなどでも構いません。下ネタに関しては一応ラジオですので、過激なのはご遠慮ください。やりたいですが、中には苦手な方もいるかもしれませんので。書き方としては、セリフと大まかな設定に少しの描写があれば十分です。例えば、

 学校の屋上
 (学校のチャイム音)
「先輩、話ってなんですか?」
 (足音)
「先輩、顔が赤いですけど大丈夫ですか?」
 (物を出す音)
「え? これって? チョコ……ですか?」
 (心臓の鼓動)
「あっ、いえ、僕で良ければ!」
 (無音)
「え? これを同じクラスの男に?」

 みたいなね。まあ、これは例ですがね。

 2.絵
 これはつい最近募集を始めたものです。絵は僕がラジオ収録している様子を描いていただきたいな、と思ってます。後姿でも構いません。僕の容姿なんかは皆さんのご想像にお任せします。絵はラジオを公開の時にブログに貼る予定です。

 以上を募集しています。あとは感想や僕あての質問ね。
 出来上がったものはlee_jin_koo@yahoo.co.jpまでお願いします。茶番の場合は件名に「茶番」、絵の場合は「絵」と書き込んでください。皆さんからのメールをお待ちしてしています。
PR

 どうも、皆さん。
 最近ここでよく会いますね。えへへ。まあ、見られてるか分かりませんがね。

 さてさて。また映画です。てか、ここのブログ映画の話かラジオの話のどちらかしかありませんからね。前はバトンがあったり、小説の話もしてましたが今はないですからね。そもそも、僕はもはや小説を書く人間ではないですからね。お陰でTwitterでも肩身が狭いのなんの。
 映画の話に戻りますが、今日は公開したばかりの西部劇を観てきました!

「ジャンゴ 繋がれざる者(DJANGO)」


 監督は映画好きで知られるクエンティン・タランティーノ「イングロリアス・バスターズ」から3年。久しぶりの映画が西部劇とは思わなかったな。まあ、噂にはなってましたがね。
 そして主演は「Ray/レイ」「マイアミ・バイス」などのジェイミー・フォックス。それと、「イングロリアス・バスターズ」にも出演していたクリストフ・ヴァルツ。さらに脇を固めるのは「インセプション」「タイタニック」レオナルド・ディカプリオ「アベンジャーズ」「パルプ・フィクション」サミュエル・L・ジャクソン。他にもジョナ・ヒルフランク・ネロトム・サヴィーニクエンティン・タランティーノなど、豪華な顔ぶれ。観ていて飽きませんね。
 ストーリーは南北戦争勃発前夜のアメリカ南部。賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は、お尋ね者三兄弟の顔を知る黒人奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)を見つけると、彼の鎖を解き放ち、三兄弟の追跡に繰り出す。その後、ジャンゴの腕を見込んだシュルツは、彼を賞金稼ぎの相棒にして2人で旅を続けることに。しかし、そんなジャンゴが真に目指す先は、奴隷市場で生き別れた最愛の妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)のもと。やがて、彼女が極悪非道な農園領主カルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に売り飛ばされたことを突き止めたジャンゴとシュルツ。2人はキャンディに近づくため、ある周到な作戦を準備するのだが……。
 この映画は「続・荒野の用心棒」などの昔の西部劇にオマージュ作品です。まあ、彼の映画を観ている人には知っていると思いますが、彼の映画の何割かはオマージュで出来ています。それを見つけるのも楽しみの一つになるのです。今回も細かい部分でオマージュが入ってます。まずテロップなんか「懐かしい!」と感じますしね。とは言っても僕西部劇はあまり見てないのですよね。何故かと言いますと、長い。そうなると、手軽に見るという事をしないのですよ僕は。それでも「夕陽のガンマン」「リオ・ブラボー」などは見ましたが。それでも十分楽しめました。それは何故か。ストーリーがシンプルなのです。お陰で内容に集中出来ましたし、クリストフ・ヴァルツの役が凄く良いキャラしているのですよ。ドイツ人なのに西部劇という面白い組み合わせでしたね。それと、セリフですね。おしゃれなセリフ回しで僕は好きなんですよね。一番好きな場面はジェイミー・フォックスフランク・ネロが「名前は?」と言われて「ジャンゴ」と答えるのですが、「Dは発音しない」というセリフにフランク・ネロが「知ってる」という場面。そりゃそうだ、本物のジャンゴだもん。彼は「続・荒野の用心棒」という映画でジャンゴという役をやっていて、この映画のオマージュなのですよ。
 それと、今回初めて(かな?)の悪役をやるレオナルド・ディカプリオが生き生きしているように見えたのが笑った。結構な悪役なのですが、本当にぴったり! あんな良い笑顔をするのに、平気で残酷な殺し方を命じたりね。個人的には「ギルバート・グレイプ」に並ぶ好きな役ですね。やりたがらないかもしれないが、彼にはもう少しこういう役をやってほしいな。とは言っても、活動休止という事で役者復帰はいつになる事やら。とにかく、彼も凄く良いキャラでしたよ。
 あと、サミュエル・L・ジャクソンは相変わらず面白い役ですね。でもこういう喋り方をするの久しぶりだな。
 あー、もう一回観たいけどお金ないからな。パンフレット見ながらDVD販売を待とう。

 以上、今年5本目の映画でした。

 どうも、皆さん。
 それにしても、最近はブログ書いてるな。Twitterやる前ほどではないですがね。あの時はブログがメインでしたしね。いやー、ホント両方やっている人は凄いなと思いますよ。

 さてさて。今日はラジオの話ではなく、映画の話です。ようやく休みを頂けたので、観に行きました。
 観た映画はブルース・ウィリスを一躍スターにした作品の最新作。
 
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
(原題:A GOOD DAY TO DIE HARD)


 主演は勿論ブルース・ウィリス。脇には「アウトロー」でも出演していたジェイ・コートニーに前作で娘役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドなど出ています。あとは僕はあまり見ない方ばかりでした。監督は「エネミーライン」「マックス・ペイン」とアクションに定評があるジョン・ムーア
 ストーリーはジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、長らく疎遠だったひとり息子ジャック(ジェイ・コートニー)がしでかしたトラブルの尻ぬぐいのためにモスクワへと降り立つ。ところが、ジャックが出廷するはずの裁判所が突然爆破され、マクレーンはまたしても事件に巻き込まれてしまう。大混乱の中でどうにかジャックと再会したマクレーンは、息子から思いもよらぬ事実を打ち明けられる。そして2人で手を組み、ロシア政財界の大物や軍隊が絡む巨大な陰謀に立ち向かうハメになるマクレーンだったが……。というロシアに行っても運がないジョン・マクレーン。
 この映画も5作目という事で、初めて異国の地を舞台にした本作。ロシアというチョイスは監督にぴったりだ。過去の作品のほとんどがロシアが関係しているんですよね。狙ってやっているかは分かりませんがね。さきほども言いましたが、このジョン・ムーア監督はアクションに定評があります。特に「マックス・ペイン」の銃撃戦はスローモーションなどを使って派手なのですが、綺麗なシーンになっている。本作もアクションの演出は素晴らしいの一言。ジョン・マクレーンがロシアについてすぐにあるカーアクションは本当に凄い。装甲車が宙を飛んだり、タクシーが吹き飛んで橋にぶつかったり、車の上を走ったり。やる事がいちいち派手です。RPGという対戦車擲弾発射器を撃たれて「避けるだろう」と思っていたら、まさか車をスピンさせて避けるとは思わなかった。あと、装甲車に横からぶつけられた車をカメラが横から捉えるシーン。これよく見たら中にスタントマン乗っているんですよね。ありきたりな演出ではあるが、人まで捉える映画ってほとんどないんですよね。ここは「おお」と思いましたね。あとは、装甲車とベンツのGクラスのぶつかり合い。本当に凄いカーチェイスシーンでした。
 でもそれだけなのです。
 この映画、中身がないのです。今回ジョン・マクレーンが巻き込まれる過程も無理矢理な感じがしますし、セリフも魅力がない。お馴染みのセリフはありますが、ぼやくシーンもあまりないですし、「殺す」というセリフに重みがない。このジョン・マクレーンはゲーム感覚で人を殺しているようにしか見えなかった。そんなジョン・マクレーンは見たくなかった。それと、ドラマ部分も弱いですね。息子とのやり取りがいまいち。悪役も魅力がなかったですね。目的が不明すぎる。もっと明確にやってほしかった。あれだけでは今までのアクションに違和感がある。何故そんなに必死なのか、という部分がない。あと、音楽が酷い。このシリーズのテーマがほとんど流れないし、うるさいとも感じた。そんなに大きくする必要はないように感じた。
 まあ、色々言いましたがアクションは良かった。それだけの映画です。この脚本だったら「ダイ・ハード」というタイトルを使わずに、別の映画として作ってほしかった。

 以上、今年4本目の映画でした。

 どうも、皆さん。
 寒いですねー((((;´・ω・`)))ガクブル
 こういう時こそ体調管理をしっかりしないと風邪ひいてしまうんですよね。本当に気をつけないと。皆さんは気をつけてますか? 手洗いはしっかりと!(ノω<;)

 さてさて。黒木露火さんをゲストに迎えたリーラジ、前編後編は聴きましたか? まだな方は暇な時にでも聴いていただければ幸いです。あいにく、少し忙しかったのでどれだけの方が聴いているのか分かりませんが楽しんでいただけたでしょうか? 天崎剣さんと谷津矢車さんの三人でやった「Fantastic Radio」から五ヶ月ぶりのゲストですよ。その間、僕は一人でやっていたわけなのですが久しぶりのせいか、かなり緊張しました。一人の時ってかなり気楽に出来るんですよ。僕一人の時ってあまり聴かれないので。でもゲストが加わるとそうはいきませんからね。ホントにメンタル弱いのですよ、僕。毎回のどは渇くし、手汗でベタベタになるし。
 それで本題なのですが、今回編集しながら思った事は「全然フォロー出来てないな」と感じました。勿論とても楽しい収録でしたし、僕としては面白かったです。でもやっぱりゲストの方をもう少し色々面白い引き出せたな、と。本当に申し訳ない。ホント、なんで今回あまり喋れなかったのだろうか。しかも後半の一部は違和感ありますし。まあ、あれは収録時に僕がミスをして追加しようと思っていた場所で、ただ肝心の収録時に口を大きく開けられない時だったのです。それであんな風になったのですよね。でも過ぎてしまった事はもうどうしようも出来ませんし、消すわけにはいきませんからね。それこそ失礼ですし。次回黒木露火さんがゲストがいらした時は今回より良いラジオを作ります。
 そうそう。今回は僕が秘密裏に色んな方に声をかけてお便りをかき集めたわけですが、この場をお借りして改めてありがとうございました。ご協力してくださった方々には本当に感謝しきれません。中には僕が知らない方にも声をかけていただいた方もいらして。ありがたいですね。ひょっとして今回初めて僕のラジオを聴いたという方もいるのでしょうか?

 今回のラジオは色々とあったラジオで、改めて初心にかえろうと思いました。現在は3月に公開予定のラジオの台本を書いています。3月のいつになるかまだ分かりませんが、また聴いてくださると嬉しいです。一人のラジオですがね。
 それから、なろう作家さんのある方の出演が決まりました。現在スケジュールを調整していますので、それもお楽しみに!

 どうも、皆さん。
 しんどいです。非常に疲れてます。いやはや、リアルが忙しいです。まったく、ラジオの編集もあったから大変でしたよ。ただ前回のラジオを聴いた方なら分かると思うのですが、黒木露火さんのあのセリフを何回も聴いて「デュフフ(*´艸`*)」としながらやっていたのでそこまで苦ではなかった。いやはや、本当に言ってくださると思わなかった(●´ω`●)
 さてさて、今回は黒木露火さんの後半です! 今回はちょっと長くなっております。そして、僕が極秘に進めていたコーナーがありますので楽しんでいただけると嬉しいです!

 どうも、皆さん。
 寒い日が続きますね。皆さん風邪、インフルエンザには十分お気をつけて。僕が働いている場所でもインフルエンザと診断された方がいますので。まあ、お陰で後半部分の公開が少し遅くなるかもしれません。今月中には公開する予定ですがね。ちょっとまだはっきりとはしません。

 さて、本日はラジオです! 皆さん、お待たせしました! もう余計な事は言いません! 存分に楽しんでいただけると嬉しいです。

 どうも、皆さん。
 いやはや、昨日公開した「Lee Radio」の第十回目は聴いていただきましたでしょうか。そして、最後まで聴きましたか? もう勘の良い皆さんならお気づきかと思いますが、次回の「Lee Radio」は久しぶりのゲストでございます! ゲストは今回の茶番を書いてくださった黒木露火さんでございます。そして収録も終えております! 現在編集中ですので、お楽しみに!

 さて、タイトルにある通り昨日アップしたラジオの一部で編集ミスがありました。気づいた方が何人いるか分かりませんが、本当に申し訳ありませんでした。先ほど修正が終わりましたので改めてアップします。昨日の記事も修正バージョンにしますので。という訳で、一度ダウンロードされた方もそうでない方もダウンロードして頂ければ安心かと。

 修正バージョン

 今回は本当に申し訳ありませんでした。


 どうも、皆さん。
 本日はバレンタインデイですね。またチョコが貰えない日がやって参りました。いやはや、それにしても実は頭が痛いです。多分しっかり寝たら治ると思うのですが、風邪でない事を祈るばかりです。今日からバイトなのでね。

 さてさて、本日は久しぶりのラジオです。ようやくです。なんか月一で更新していたせいか、結構しんどかったです。でも楽しかったです! しかも今回は黒木露火さんが書いて頂いた茶番が冒頭にありますしね。けして声を使った仕事をしている訳ではないですが、段々魅力に惹かれております。まあ、それはまた別の日にお話しましょう。てか、上手くないですしね(^-^;

 では、皆さん。僕一人のラジオですが、最後まで・・・・・・最後まで、お楽しみください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]