忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^-^)/

いやぁ、今日もバイトです。あっ、今日で2日目です。しかもまた明日の0時半まで(-.-;)
お金の為とは言え、またあの時間までいると考えたらしんどい。しかも今日は土曜日で確実に混むじゃないか(°д°;)
まあ、今日も頑張ってきます。

さてさて。今日から『5分企画』が開催いたします! 明日まで。既に7作(僕が見た時は)が投稿されています。そして、僕も投稿してきましたよ(^^)

『闇に生きる男たち』

というハードボイルド風の作品を書きました。個人的には夜にぴったりな作品にしたつもりです。興味がある方は読んでみて下さい。
じゃあ、ついでに作品の裏話を書いておきます。ネタバレもあるので未読は方はクリックしない事!

早速カトラスさんにボロクソ言われました(^-^;

この作品はですね、僕の気持ちも現れているのですよ。前回の『猫との生活』は酷い出来だったので、「今度は良い作品を書く!」と決めていたので今回はリベンジですよ。そう、今回の『闇に生きる男たち』リベンジ(復讐)を題材に書きました。
まあ、今回は運が良かったです。テーマが『夜』でしたから、すんなりと書く事が出来たのですよ。これがもし、別のテーマだったらいつも通り四苦八苦しながら書いていた事でしょう。それが最短で書き上げられた訳です。
因みにこれの続編を書く予定です。まだ復讐は終わってないですからね。今は色々と書くものが多いので無理ですが、時間を見つけて書いていくつもりです。

そうそう。この作品にもある映画のワンシーンを真似て書いてるんですよ。それは主人公の宮田が海に落とされる場面で、『リーサル・ウェポン2 炎の約束』メル・ギブソンが海に落とされるシーンと『マックス・ペイン』マーク・ウォルバーグが沈んでいくシーンを合体させたのがあそこのシーンなんです。一度こういうシーンを書いてみたかったのですよ。

ふぅ。メイキングと言っときながらこのぐらいしかないです(^-^;
まあ、少しでも『夜』を堪能出来たらいいなと思ってます。これが率直な気持ちですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]