忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^-^)/

ギリギリセーフ!(-.-;)

今日は藤田まことさんの追悼で『突入せよ!“あさま山荘”事件』がありましたね。僕は初めてこの作品を見ましたが、面白かった『プロジェクトX』(古っ!)などで何度もこの事件のドキュメンタリーを見ていたせいか、「そういえばここから大変なんだよなぁ」と思いながら見てました(^-^;
いや、本当に面白かったですよ? 飽きずにずっと見てました。意外と豪華キャストでしたしね。主演の役所広司さんに藤田まことさん、声優でも活躍する山路和弘さん、恐持て役をよくやる遠藤憲一さん、マッチョなナレーターの石丸謙二郎さん、『誘拐ラプソディー』を監督する榊英雄さんなど。本当に豪華だった。そして面白かった(^^)

次はもっと落ち着いて見たいですね。ちょっと色々とやりながら見ていたので。まあ、内容には全然触れてませんが、僕は面白かったです。

あっ、近々新作をアップします。5分企画とは別の作品ね。かなり遊んでる作品なので温かい目で読んで下さいm(_ _)m

 俊衛門先生

そういえばそうですね(^-^;
まあ、こまめにブログを覗いて待ってますよ!(^^)

 ゆずはらしの先生

僕もそのぐらいかかりましたよ(^-^;
これ本当に長いですよね? そして疲れますよね。いやぁ、本当に長かった。
確かに他の方の考えが分かって面白いですよね。それぞれ似てる部分もあれば、考え方が少し違う部分があったり、全く違ったり。いろんな見方があって勉強にもなりましたよ(^^)

 作者の○○○先生

最初は誰かと思ったら○○○さんでしたか。いやぁ、びっくりしましたよ(^^)
そうですか? 面白かったですよ? まだ全部読んではいないですがね。
「ついてるあんちゃん」って(^-^;
確かにかなり運のいい人でしたけど。なんか僕の名前の一部があるせいかとても複雑な気持ちですよ。まあ、僕自身ではないので別に好きなようにしていいですよ。その代わり僕もいつか名前を借りる時がくるかもしれませんがね(*´艸`)

 またまたゆずはらしの先生

乙女ってどういう事ですか(^-^;
僕はそんなかわいらしい人じゃないですよ。
確かに分かりました。かなり恥ずかしいですね。読んでて思わずニヤけてしまう場面が何度かあって大変でしたよ。いやぁ、なんか自分の声を聞くのも恥ずかしいですが、名前も恥ずかしいですね。
確かに実際に言われるよりかは全然マシですよね。なんかそう考えるとゆずはらさんは本当に大変そうですね(´Д`)
大変というか恥ずかしいくて死にそうというか。
もしかしたら僕もゆずはらさんの名前を使うかもしれませんので、その時はよろしくです(^-^)/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あさま山荘
あ~、私も見てました。おかげで、やっていた作業にミス連発。

実は映画館でも見ました。試写会のチケットが当たったので、特に期待せず見に行ったのですが。「すごい」と言いつつ帰ってきました。壮絶な話でしたね…。

狭い部屋で地味な連絡作業を行っていた、女性警官(だったよね?)の、「まりこさん、この先一生、この事件から逃れられないよ…」とのつぶやきに、この事件から現在に至るまでの、さまざまな事件と、生き延びた被害者の処遇や境遇を思いました。この時点でそれに気が付いていたのは、彼女だけではなかったか、とも。

色々考えてしまう作品でしたね。今後の私の作品にどう影響するだろうなと、考えてもいます。
ゆずはらしの 2010/02/23(Tue)18:27:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]