忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、お久しぶりです(^-^;
最近更新が遅くてすみません。どうやら、まだ正月気分が抜けてないみたいで、なかなか書けませんでした。

まあ、そんな訳で。
更新していない間に映画を1本観てきました。その名も、

マッハ!弐

主演はトニー・ジャーです。
そうです。2003年に公開された『マッハ!』の続編です。
注:続編と言いましたが、前作とは全く関係ありません。

ストーリーは国王である父と母を殺された息子のティンは、あらゆる武術を使う山賊に助けられ、彼らから武術を習う。そうしながら復讐の機会を待っていた。

話の内容はジャッキー・チェン『少林寺木人拳』みたいな感じ。まあ、本作はストーリーうんぬんよりアクション重視に作られているので、アクションを観た方がいいですね。

アクションは本当に凄いです。今回も主演を勤めるトニー・ジャーはムエタイ以外にカンフー寝技までやるんですよ。カンフーでは酔拳蛇拳虎拳螳螂拳南拳など。武器も過去で使ってない物ばかり。縄標日本刀三節棍。本当にバラエティー豊かにあるので、観る人を圧巻させます。

その中で僕が1番驚いたのは、ラスト。トニー・ジャーがムエタイ使いの男とカンフー使いの男の挟まれたシーン。なんとそこで、相手の武術に合わせてムエタイとカンフーを使い分けるのです。ムエタイにはムエタイ。カンフーにはカンフー。あれは凄いと思いました。あそこだけでも観る価値はあると思いますよ。

たださっきも言いましたが、アクション重視なんですよ。オチなんか凄く不完全燃焼です。やる事をちゃんとやってないみたいな感じ。パンフレットでは、なんか評論家の人がラスト褒めてましたが、個人的には「そんな馬鹿な!」って思いましたよ。

まあ、評価なんて人それぞれですからね。

それと、今回トニー・ジャーは主演だけではなく監督原案製作武術指導アクション監督までやっていて、かなり力が入っていたのですが、ギャラ問題で映画会社と揉めて雲隠れしたのも原因の一つかなと思ってます。
ある映画雑誌によれば、ギャラが少なかったらしいです。酷い時はギャラがなかった日もあったらしい。

そんな訳で、僕はまあまあの映画でしたね。ただ何回も言いますが、アクションは凄いです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]