忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [176]  [175]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやぁ、『映画化したい』シリーズは久しぶりだなぁ(´Д`)
なんとなく1年をブログで振り返っていると掘り出された記事。もう大半の方が忘れてるんじゃないでしょうかね? 僕もすっかり忘れてましたよ。

じゃあ、久しぶりやりますか(^^)

今回僕が「映画化したい」と強く思っている作品は、なろうで活躍中のNAO先生の作品です。その中でも僕がやりたいのは……

『スクール・オブ・ザ・デッド』

ストーリーは学校に遅刻した正臣と香奈。しかし学校に着くと無人になっていて、正臣は体育館へと向かう。そこで親友と和樹たちと合流するが、不自然な体をした先生が現れ……。
いやぁ、これを初めて読んだ時からずっと思っているんですよ。だって日本の映画でこんな作品ってなかなかないでしょ? だからやりたいんですよ!

まあ、この作品の感想は今度にして。

僕ならこうする

まずは、僕の願望なのですが是非NAOさんと共同脚本をしたいです。やっぱりオリジナルのよさは原作者が1番分かりますし、僕もそんなオリジナルを壊したくないんですよ。

演出スピーディーにしたいです。役者さんには全速力で廊下を走らせて、息もつかせないようにしたい。これは逆に言えば恐怖感を無くさない為でもあると思うんですよね。それと化け物も極力CGは使いたくない。特殊メイクで迫力不気味さを出したい。イメージしてるのは『エイリアン』シリーズのエイリアンや『ドッグ・ソルジャー』の狼男みたいな感じのに。

音楽はドキュメンタリー風にしたいと思って、エンディングだけにしようかなと考えています。『クローバーフィールド』みたいに。

『キャスティング』は、あまり考えてないというかなかなかぴったりな役者さんがいないんですよね。特に主人公の正臣伊藤敦史さんも考えたのですが、どう見ても高校生に見えないので却下ですし、かと言ってジャニーズ系の方にもやらせたくない。あっ、別に毛嫌いしてるからじゃないですよ? ちゃんと理由があるんです。正直正臣はそんなにカッコイイ顔を持った人ではないと思うんです。どっちかと言うと、どこにでもいそうな普通な人なんですよ。現にヒロインの雫も水野さんも正臣の性格を見ていますし。だから正臣はカッコイイ人じゃなくていいんです。
まあ、正臣は決まらなかったのですが、ヒロインの睦月雫にはぴったりじゃないかなと思う人を見つけました。『バトルロワイヤル』栗山千明さん以外いないだろうと思ったのですが、この人もいいではないでしょうか? その女優さんは空手の達人で最近『ハイキック・ガール』でデビューした武田梨奈さんなのですが、燐とした感じがあっていいかなと思ったのですよ。やっぱり雫はアクションもこなせる女優さんがいいですよね。そこで僕はこの人を推薦しました。
残りのメンバーは当て嵌まる役者を捜し中です。やっぱキャスティングで難しいんですよ。

そんな訳でかなりこだわった作品にしたいです。

これは本気で映画化したいなぁ(´Д`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]