忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


どうも、皆さん(^-^)/

さあ、また映画のお話です。ええ。お金があまりないのにまた映画を観て来ました。

今回はですね。「ミッション・イン・ポッシブル」シリーズなどで有名なトム・クルーズの最新作。

「アウトロー(JACK REACHER)」


主演はトム・クルーズで。この映画、主役の脇を固めているのが豪華なんですよ。ヒロインは「007/ダイ・アナザー・デイ」でデビューしたロザムンド・パイク。凄腕の狙撃手に今月公開される「ダイ・ハード/ラスト・デイ」で主人公ジョン・マクレーンの息子を演じるジェイ・コートニー。そして、射撃場の店主役には「ゴッド・ファーザー」ロバート・デュヴァル。この役がまた良い! もうニヤニヤしてました。

ストーリーはピッツバーグ近郊の川沿いで、穏やかな空気を切り裂いて6発の銃声が鳴り響き、対岸にいた5人の男女が殺害される事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが容疑者として浮上し、あっけなく逮捕された。こうして事件はスピード解決したかに思われたが、警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した後、護送中に瀕死の重傷を負ってしまう。そして警察がリーチャーの行方を掴めず途方に暮れているところ、突然リーチャー本人が現われるのだった。やがてバーの弁護士ヘレンに協力して事件を調べ始めたリーチャーは、証拠が揃いすぎていることに違和感を覚え、事件の背後に危険な陰謀の臭いをかぎ取るのだったが…。

というサスペンス映画で、リー・チャイルドの小説の映画化らしく、僕は読んだ事はないですがハードボイルドらしいです。ちょっと読みたいね。なので、原作読んでないので映画のお話を。
この映画、昔のハリウッドを彷彿させるものでした。スティーヴ・マックイーン「ブリット」みたいでした。主人公の口数がもう少し少なかったら完璧かも。でも簡潔に話すから雰囲気は良かったです。音楽も終始ジャンジャン流れている訳ではなく、ここぞという場面では音楽がなくなる。これも良かった。5人相手に素手で戦うシーンやカーチェイス、銃撃戦。しかもけして派手ではない。この派手じゃないのもポイント大きい。「ボーン」シリーズの見応え十分な格闘や、「ワイルド・スピード」シリーズのスピンやクラッシュシーンばかりでもない、「96時間」シリーズの撃ち合いでもない。特にカーチェイスシーンは最高。真っ赤なボディに真ん中には黒いラインが入ったシボレーのエンジン音が心地いいぐらいに響き、カメラがシボレーとトムを捉える。もうね、言葉で上手く言えませんが本当に良かった。「ドライヴ」が好きな方はこのシーン、きっと「おぉ!」と思います。
あと、ラストの銃撃戦で主人公が使う銃が、あまり映画で見る事のないスイスのシグ社が出すカービンライフル、SG552(多分)。アクセサリーにサイトも付いているのですが、「CoD:MW3」というゲームに登場する中距離、近距離に対応出来るハイブリットサイト(これも多分)があって銃好きの僕のテンションはMAX! メチャクチャカッコいいの一言でした。

ただ、この映画の欠点を挙げるなら上映時間の長さ。こういう映画なら130分もいらなかった。せめて100分ぐらいにまとめて欲しかった。
それ以外は割と僕は好きで、良かった。トムはこれをシリーズ化したいと言っているが、どうだろう。うーん。やるならもう少し長さを気にしてほしいな。あとは「エクスペンダブズ」のような古き良きハリウッドを彷彿させる映画であれば良いな。

以上、今年3本目の映画でした。


 天猫紅楼先生

ありがとうございます! 頑張って作りますので、よろしくお願いします!
そして、天猫さんも「監督」ですか(^-^;

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]