忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも2時に寝て7時半に起きた李仁古です(p_-)
空想科学祭は今月いっぱいまで開催されていますが、僕がいるような場所ではないような気がしてあまり楽しめそうにないっす。でも作品は読んでいこうと思ってます。

まぁ、とりあえずようやく駄作ではありますが投稿出来てかなり負担がなくなりました。最近はちょっとストレスがたまっていたので発散したいっすね(>_<)



『The Two Days』なんですが当初予定していた作品とは違う形になった訳なんですが、それを書こうと思います。何度も言うようですが、ネタバレが含みますので読んでない方はあまり好ましくないかと……読む人いるのかな。

当初のタイトル『The Three Days』でした。そう、三日間のお話だったのですが時間がなかったのでやむを得ず二日間にしました。途中からアクションばっかりになったり急に展開が早まるのはこのせいです。

話のスケールもかなり違いました。オリジナルの方では政治の話が出てきて話を複雑にしようと考えていました。汚職や賄賂など。そういった部分が出せなかったのが辛かった(その1)です。



裏切りと友情



これが当初のテーマというか、あの作品でやりたかった事です。それがただのエンターテイメントになりました。……映画としてはいいかも。

それはいいとして、主人公の松田は仲間に裏切られながらも大塚と協力(当初の予定では対アンドロイド部隊の隊員は松田と大塚以外アンドロイドでした)しながら事件を解決しようとしてました。

次にアクション。肝心のアンドロイドとの格闘戦や派手な銃撃戦をやりたかったのですが、これもカット。これが1番辛かった(その2)

そして、ラスト。ラストはかなりアクション盛り沢山でした。例えば1フロアを使って格闘戦、ヘリコプターを撃ち落とす、アンドロイドとの銃撃戦など。そして衝撃の結末。それがあんなに淡々としたものになってしまった。
エピローグもありました。清水は相変わらずアンドロイドの研究をしているんですが、松田の事を考えているんです。それで終わりでした。これはやろうとしたんですが、残り10分で書くの不可能だったのでカットしました。

あっ、ここだけの話。実は松田の眼鏡はだてなんです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]