忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、皆さん(^-^)/

さてさて。今回はちょっとマニアックな記事です。僕は映画好きでもあり銃好きでもあるのです。どのくらい好きかと言うと、大体映画に出てくる銃がなんなのかすぐに分かります。まあ、さすがに分からない銃器もありますがね(^^)

そんな訳で、今日の銃器講座のテーマは…

安全性

銃器にはセフティーと呼ばれる安全装置があって、それをかけると大体は安全です。謝って落としたりなどで暴発しない限りは。映画でよく目にするベレッタM92FSコルト・ガバメントもちゃんとついてます。

しかし!

世の中には安全装置がないのも存在します。回転式拳銃(リボルバー)以外でね。
有名なのはオーストラリア製のグロック。この銃には安全装置がありません。唯一あるとしたらトリガー部分にある出っ張りですかね。トリガーに指をかけた時に、絶対触れる部分なので安全と言えば安全なのですが。謝って強く持った場合、簡単に発砲します。この事もあって、アメリカなどではトリガーをわざと重くしてあるらしいです。

あと、ソ連が開発したトカレフ。これは予めプロが使用するという事で作ったそうなので、こちらも安全装置はありません。しかも、この銃は撃った時の初速度が速いため、一部の防弾チョッキ(今は防弾ベストとも言いますが)を貫通します。怖い、怖い(-.-;)

そんな中、1番安全性があると呼ばれているのがコルト・ガバメント系列。まず、安全装置はもちろん、この系列の銃にはグリップ(握る部分ですね)の一部が膨らんでいます。実はその部分も安全装置で、それを押さえた上でトリガーを引かなければ撃てない構造になっているのです。シンプルではありますが、とても頼りになる銃なのです。
だから映画の中ではプロが使用する事が多いですね。まあ中には明らかに素人っぽい人が使ってたりしますがね。

あっ、因みにコルト・ガバメントは『ルパン三世』シリーズ銭形警部が使っている銃です。

まあ、こんな感じです。相変わらず為にならない講座でしょ?(^-^;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
(゜▽゜)
あれ私、優しげな印象ありますか? 

銃の事はよく知らないのですが……

銭形警部の名前って、幸一って言ったよな。

……と、思い出しました。幸一クンも持ってるコルト・ガバメント。ハラショー

ゆずはらしの 2010/02/14(Sun)01:29:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]