忍者ブログ
日常、映画、執筆状況からネガティブまでなんでも御座れ。
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近また新しいストーリーを思いつき、気分転換に書いてます。もちろんアクション小説
で、最近(前からだけど)思ったのですが。僕の書く小説ってジャンル分けする時にすごく困るんですよ。なろうのジャンルには大まかなジャンルしかないので、例えばアクションとか犯罪のジャンルがない! 特にアクションがないのが1番困る(>_<)
今は仕方なく文学のジャンルにしてます。その他でも良いんですが、前にカトラスさんから「その他だとあまり読者が来ない」と言われたので。
そんな訳で今書いてるアクション小説もどうするかと悩んでいます(^-^;

あと、『ふた主』の最新話が昨日更新されました。今回はチヤさんパートです。僕も負けずに頑張らねば!

第二十二話・準のとまどい

 平隊員Tこと高田高さん

一瞬びっくりしました。だって聞いた事ない人からだったので。でも高田高さんでしたか(^^)
確かに昔からハリウッドも漫画を原作にした映画が何本も撮られてましたね。でもそれは自分の国の漫画だからいいかなって思います。個人的に(^-^;
高田高さんのおっしゃる通り、日本がやったらホント暴動ですよね。映画会社に「何やってんだよ!」って言いたくなりますよ。
ジェット誰がやるんでしょうね。ザ・ロックは体が似てると言えば似てるけどやっては欲しくないですね。う~ん。一体どんなキャストになるのか心配です。

『SIREN』覚えてますよ(^-^)/
『サイレン島』……気になりますね。今度探してみます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まあね
そもそも、アクションってのは小説でやるものじゃないものね。視覚効果に拠るところが大きいし。それに、恋愛やファンタジーは、それを主題に据えることができるけど、「アクション」それのみを扱った小説あまりない気がする。武侠が一番近いかもしれないけど、あれはどちらかというとファンタジーだし。難しいですねw

犯罪小説やハードボイルドは、文学の括りでいいんじゃないかね。でも、エンターテイメントに偏っていると文学もおかしいし。風海さんがジャンル「現代」が欲しいとかいっていたけど、分かる気がする。
俊衛門 URL 2009/04/17(Fri)23:00:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 天猫紅楼]
[04/01 李ラジ ファン]
[07/21 天猫紅楼]
[05/29 天猫紅楼]
[03/19 ダディ]
プロフィール
HN:
李仁古
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/05/28
バーコード
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]